10≪ 2019/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-12-02 (Tue)
京都へ仕事で行ってきました
薫風之音で演奏です。

京都駅です。
20141201-02-01_2014120320120601f.jpg


前泊させていただきましたが、いかんせん大荷物(箏が)ですし、時間もなく、お仕事の合間に食を楽しみました!
抹茶で有名な甘味どころで和スイーツ
20141201-02-04_20141203201210b99.jpg


おいしそうでしょ。
20141201-02-03_2014120320120937d.jpg


夜の京都駅はイルミネーションがきれい!
クリスマス仕様ですね
20141201-02-02_20141203201207aec.jpg




翌日、朝から演奏会場へ移動。
ミシュラン三つ星の、某老舗料亭です

こんな感じでセッティング完了。
演奏の写真はありません~。
20141201-02-05_20141203201212520.jpg


そのかわり、京料理の写真でお楽しみください
20141201-02-06_20141203201305bcd.jpg
素晴らしく美しい料理です。
本当に、ひとつひとつとても凝ったお料理

こちらご覧ください↓
20141201-02-10.jpg
東山の上に浮かぶ月を表しているそうです。
ごはんの上に、とろろ。たまご。東山は鯛です。
それを混ぜて食べました

いただきます
20141201-02-07_20141203201306620.jpg
京都のお料理を堪能しました
すごーくおいしかった


無事に仕事を終え、伊丹空港から帰りました。
20141201-02-08.jpg
でも、帰りの飛行機は、新潟に行くにつれ天候が悪くなり、めちゃくちゃ揺れたんです。
こんなに怖かったのははじめて
無事に着陸できて本当によかった




さて、余談ですが、
京都のおみやげは、やっぱりこれ!
20141201-02-09.jpg
八ツ橋です

みなさん、知っていました?
生八ツ橋でなく、こちらの堅焼きの八ツ橋は、なんと「箏の形」に似せて作ってあるんです
江戸時代のはじめに、六段の調べなどを作曲した箏の演奏家「八橋検校」の名前にちなんで、「八ツ橋」と名づけたとされています
わたしもトークの時によくこのお話ししております


今回、京都まで呼んでくださった、関係者のみなさま、スタッフのみなさま、大変お世話になりました!
ありがとうございました



それではまた
* Category : 演奏のコト
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する